出生前診断についてご紹介します

このサイトは出生前診断のメリットをはじめ、考えられるリスクや出産前の心構えなど出産前のノウハウを紹介しています。
現在、高齢出産など様々な理由から診断を検討している女性たちが増えているものの、問題点もあるのが現状です。
安心感を得るはずが、精神的なストレスを抱えてしまう場合も珍しくありません。
実際に診断に関して賛否両論となっていますが、それでも母親になるための心構えをするために申し込む女性は後を絶たないです。
そうした女性たちを応援するために、知ってほしい知識を提供します。

出生前診断を受けることのメリットは何か

出生前診断を受けることのメリットは何か 出生前診断は胎児の状態を知りたい人にうってつけです。
性別はもちろん、先天性の病気や異常の早期発見にも出生前診断は重宝されています。
もしも胎児に異常があると分かれば、早期の治療や出産後の準備をあらかじめ出来るのがメリットです。
胎児の無事の確認は妊婦にとって、強い安心感を えられるので、その点もメリットに数えられます。
高齢出産や妊娠中に医薬品を服用してしまったなど、妊婦は胎児の健康を損なう要因に敏感です。
その要因を払拭するには実際に確かめること、すなわち出生前診断しかありません。
これにより不安から解放された妊婦は、落ち着きを取り戻します。
あとは胎児の異常に関して、夫婦で覚悟を決める時間をつくれることもまたメリットです。

出生前診断にはデメリットもあることを認識しよう

出生前診断にはデメリットもあることを認識しよう 出生前診断の一番のデメリットは、結果が良くなかった場合に重い決断を迫られることになることです。
出生前診断をして、胎児に何も異常がないという結果が出れば、お母さんはとても安心でき精神的にプラスになりますが、何らかの異常が見つかった場合は、どうするのか決断をしなければならなくなります。
究極的には産むのか産まないのかという選択をしなければなりません。
これは母親にはけっこう負担になるもので、良くない結果が出てしまったばかりに、鬱のような状態になる人も多いです。
このような精神的ショックを受けてしまう可能性があるというのも、出生前診断のデメリットでしょう。
このようなデメリット・リスクを避けるためには、出生前診断を受ける前に、しっかりと心構えをつくっておく必要があります。
適当な軽い気持ちで受けてはいけません。
悪い結果が出た時にどうするのかという事を配偶者とよく話あっておくことです。
例え異常が見つかっても絶対に産むとか、こういう異常があったら出産を諦めるなど、事前にしっかりと決めておけば、悪い結果が出たとしてもそれほど動揺することはないでしょう。
それから、出生前診断は万能ではないので、すべての病気や障害を発見できるわけではないことも覚えておくべきです。

出生前診断では各種遺伝病の遺伝子があるか知ることが可能

出生前診断とは超音波検査や羊水穿刺によって、生まれる前に赤ちゃんの持つ病気や奇形の有無を診断することを目的とします。
この検査を行うことによって出産前の子供の状態を観察・検査することで、生まれる前に子供に必要となる治療や投薬を行ったり、出生後の赤ちゃんの治療の準備や赤ちゃんについての情報をご夫婦に提供することができます。
この情報の提供とは、その赤ちゃんが重篤な病気や奇形をもっているのか、もっていないかを知ることにあります。
出生前診断の中でも非侵襲的な方法といわれているのが超音波検査、MRIなどが挙げられ、他にもお母さんの血液により赤ちゃんが病気を持っている確率を調べる母体血清マーカー検査があります。
お腹に針を刺して羊水を採取する羊水検査では、21トリソミー(ダウン症候群)、13トリソミー、18トリソミーなどの染色体異常の診断が可能ですし、絨毛検査を行えば各種遺伝病の遺伝子があるか知ることができます。

出生前診断を受ける対象はどのような人なのか

出生前診断は胎児の先天性異常を見つけだす検査であり、染色体疾患や遺伝子の配列の変化による疾患などを見極めています。産まれた赤ちゃんのうち3%ほどは何らかの疾患をかかえていることがあり、早期に知ることで、産まれてからの対処の仕方を知りゆとりのある生活ができることが目的です。
出生前診断を受ける対象となるのは、日本産婦人科学会の指針により決められています。分娩予定日の年齢が35歳以上、過去に染色体疾患であるダウン症候群やパドー症候群、エドワーズ症候群の赤ちゃんを出産した、もしくは妊娠したことがある、担当する医師から染色体異常の可能性があると指摘された、ということの3つのうち、1つでも条件を満たしていると検査対象となります。
この検査はどこの産婦人科でも行っているのではなく、日本産婦人科学会が認定した医療機関のみで行うことができます。
さらに検査期間は妊娠10週から15週の間であるので、希望する場合は早めに相談をしなくてはなりません。

血液だけでお腹の中の赤ちゃんの状態を調べる出生前診断

妊娠したのは良いけれど、お腹の中の赤ちゃんの状態が気になっていませんか。自分の周りに障害を持っている人がいたり、高齢出産の女性は特に不安になるのかもしれません。いろいろな出生前診断がありますが、血液を採取するだけで済むと言う妊婦さんの体への負担がとても小さい方法があります。これならば、流産の可能性もほとんど考えなくて良いので、安心して検査を受けることができるでしょう。
NIPTと言う方法のことです。これは、新型出生前診断とも言われており、妊婦さんの血液の中に含まれているお腹の中の赤ちゃんの情報を調べる方法です。陰性の場合は極めて精度が高いので問題がないのですが、陽性の場合は精度が下がってしまいます。このため、陽性と結果が出た場合はその後に確定診断を受ける必要があります。もしかしたら、陰性かもしれないので確定診断とは言われていません。お腹の中の赤ちゃんの状態を正確に知るためには、陽性になったら確定診断を受けましょう。

出生前診断で調べることができる病気や疾患とは

お腹の中にいる赤ちゃんが生まれる前に、赤ちゃんの病気や奇形・先天性の疾患等を検査することを『出生前診断』と言い、この検査によって、見た目だけでは分からない「染色体異常」と見た目で分かる「形態異常」を調べることができます。
出生前診断で検出が可能な「染色体異常」は主に3つが良く知られており、21番目の常染色体の異常による「21トリソミー(ダウン症)」と13番目の常染色体が3本あることで起こる「13トリソミー(パトウ症候群)」、18番目の常染色体が3本あることによって起こる「18トリソミー(エドワーズ症候群)」の可能性を調べられます。
また、「形態異常」の検査では奇形や変形・変成・欠損等の病態や臓器や血液などの異常を調べることが可能です。この出生前診断を行うことで赤ちゃんの状態や発育を観察したり、仮に赤ちゃんが何らかの病気や重大な疾患が見つかった場合に、生まれる前からの治療や投薬といった準備を始められるのがメリットです。

新型出生前診断に関する情報サイト

出生前診断 名古屋

新着情報

◎2020/12/23

検査結果はどのくらいででる?
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

リスクはわずかながらある
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

メリットとデメリットを比較
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 認識」
に関連するツイート
Twitter